会社とトラブルになった場合、何処に相談すればいいの?

今働いている会社で、上司のセクハラに悩んでいます。違う上司に相談しましたが、まともに取り合ってくれませんでした。そういう場合、どこに相談すればいいですか?

全労連、総合労働相談コーナー、労働基準監督署で相談して、それでも解決しない場合は、弁護士に依頼するのも一つの手です。

会社での『解雇』や『いじめ』や『セクハラ』や『パワハラ』など、労働に関してトラブルになった場合、一人で解決しようとするのは非常に困難です。労働法律についての知識が乏しければ、会社に上手く丸め込まれる可能性が高いです。また、一人で全てを抱え込むのは、精神的にも不安だし、時間もかかるでしょう。

では、そういったトラブルを抱えた場合、何処に相談すればいいのでしょう?

まずは、『全国労働組合総連合(全労連)』に相談しましょう。全労連とは、日本の労働組合の全国中央組織になります。無料で相談に応じてくれます。

それでも解決しない場合は、『総合労働相談コーナー』を利用しましょう。総合労働相談コーナーとは、解雇やいじめやセクハラといった労働に関する相談に、専門の相談員が、電話や面談で相談に応じてくれる、厚生労働省が管轄する専門機関になります。場所は、基本的に各市の労働基準監督署内に設置されています。まずは電話で相談されるとよいでしょう。勿論無料で相談できます。

しかし、基本的に総合労働相談コーナーはそのトラブルの証拠がなければ動いてくれません。ですので、もしセクハラにあっているなら、そのときの会話を録音するとか、他の従業員の証言をもらえる、などの準備が必要になるでしょう。

総合労働相談コーナに相談に行っても解決しない場合は、『労働基準監督署』に行きましょう。ダンダリン(ドラマ)を見られたことがある方は、ある程度何をしている機関かご存知だと思います。労働基準監督署も総合労働相談コーナーと同様、厚生労働省が管轄する専門機関になります。労働基準監督署の中では労働基準監督官が働いているいます。彼(彼女)らは、労基法違反についての逮捕権を持った司法警察職員です。

しかし現実問題、どの機関でも対応が傲慢だったり、まともに対応してくれないといった声をよく聞くのも事実です。どうしても早急に対応して欲しい場合は、弁護士を利用するのも一つの手です。

(弁護士費用は発生しますが)

 【各機関の相談先】

全労連のホームページ

総合労働相談コーナーのホームページ

全国労働基準監督署のホームページ

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月4日
更新日: 2015年3月3日