収入と所得の違いは?

収入と所得の違いが、いまいち理解ができません。

『収入』 = 年収  『所得』 = 収入 – 給与所得控除

収入と所得は一見、同じように思えますが違います。それでは、収入と所得の違いについて考えてみましょう。

収入』とは、給料や賞与などの年間収入です。一般的に世間で使われる『年収』と同じと考えていいでしょう。

所得』とは、『収入』から必要経費を差し引いた金額のことを言います。

では、必要経費とは、どういう経費のことを言うんでしょうか?

自営業の場合は、その商売に関わる維持費や仕入れ代や従業員への給料などが挙げられますので、分かりやすいです。一方、サラリーマン(給料所得者)の必要経費の考え方は少し違います。サラリーマンの場合は、必要経費を算出するのはとても困難です。

そこで給料所得者の場合は、必要経費という考え方をしないで、『給料所得控除額』という指数を用います。給料所得控除額の指数は収入により異なります。収入からこの給料所得控除額を差し引いた額が、所得になります。

更に、所得から所得控除を差し引いたものが、所得税の計算の元になる『課税所得』と呼ばれています。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年10月30日
更新日: 2016年11月10日