退職願はメールでもOK?

退職願を上司に提出のが、緊張して出来ません。メールで退職願を提出しても法的に問題ありませんか?

法的には問題ありません。

今の時代、買い物やスケジュール管理、ゲームにテレビなど、なんでもかんでもスマホで対応できてしまいます。友達との会話もメール、親ともメールで会話する時代になっています。

本題に戻りますが、メールで退職願を提出した場合、退職願としての効力はあるんでしょうか?

退職願(届)の形式を定めた法律は存在しません。ということは、口頭でなくても、電話や手紙、もちろんメールでもOKということになります。

従業員は一方的に会社を退職することが可能です。これは憲法の『職業選択の自由』で定められています。また、民法でも『当事者が雇用の期間を定めざりしときは各当事者は何時にても解約の申入れをなすことを得』と定められています。

ただ、法的に問題がなくても、社会人としてどうなんでしょうね?上司からしてみたら、口頭でなくメールで退職の意思を一方的に伝えられたらどう思うでしょう。良い気持ちには到底なれないですよね。

ちなみに退職願の場合は、いったん提出(送信)しても、撤回することができます。しかし、退職届の場合は、提出(送信)した瞬間、その効力が発生しますので、撤回ができません。メールだと、なんか手軽に送れそうですが、後戻りはできませんので十分に考えてから決断しましょう。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月1日
更新日: 2015年3月3日