転職するのに貯金はどれくらい必要?

在職中に次の転職先を見つければ何の問題もありませんが、様々な理由で退職後に転職先を見つけなければならない場合もあるでしょう。

会社を退職して次の転職先を見つける間は無職になります。失業保険も自己都合なら最低でも退職から約3ヶ月間はもらえません。

それではどれぐらいの貯金を蓄えておけばいいのか?

最低3ヶ月分の生活費は蓄えておきましょう。

『最低3ヶ月』です。三か月分あれば安心ではありません。

いやいや、俺はすぐ次の就職先を見つけるから貯金なんて無くても大丈夫!!と思われる人もいるでしょう。確かに、希望通りすぐ転職することが出来るかもしれません。

しかし、もしなかなか上手くいかずに無職状態が続いた場合どうなるのでしょう。世帯持ちの人は生活に影響が出るから、奥さんにパートに出てもらわなければならないかもしれません。

一人暮らしの方は家賃が払えなくなり、親に借りなければならないかもしれません。実家暮らしでも携帯代が払えなく契約ストップされるかもしれません。

お金が無ければ満足な生活は出来なくなります。もしお金が無いなら貯めてから辞めるっていうのも選択肢にいれましょう。

3ヶ月が経過すれば、大抵の人は失業保険が給付されるので、そこまで貯金を切り崩さなくても生活できます。

しかし3ヶ月程度しか貰えませんので、転職活動をする際は少なくても『半年以内には転職際を見つけましょう

半年を越えると貯金は無くなる一方だし、転職の際の面接官のイメージも悪くなります。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年10月21日
更新日: 2015年3月3日