会社が忙しい時期に有給休暇の取得は可能?

休み・有給

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

会社が忙しい時期ですが、友人の結婚式があり、どうしても会社を休まなければなりません。上司に相談したところ、駄目だと言われました。上司を押し切って有給休暇を取得することは可能ですか?

法的には、認められる可能性が非常に高いです。

有給休暇は原則いつでも使える

忙しい時期に、有給休暇を取得するのは、かなり勇気がいりますよね?

でも、質問者様のように、どうしても外せない用事があったりする場合、勇気を振り絞って上司に有給の取得要請をします。しかし、上司に『今は忙しいので有給の取得は無理』と言われました。その場合、押し切って有給休暇を取得しても問題ないのでしょうか?

結論から言うと『認められる可能性が高い』と言えます。

なぜかと言うと、有給休暇の取得の自由は『労働基準法』で定められています。労働基準法の中で、労働者はいつでも好きな時に有給を取得できると明記されています。これを『時季指定権』と呼びます。ということで、手続きをしっかりやれば法的には問題なく取得できます。

時季変更権が邪魔することも

しかし、ここで厄介な法律があります。

同じ労働基準法で、会社には『時季変更権』と呼ばれる権利があります。

時季変更権とは、『事業の正常な運営を妨げる場合、会社側は労働者の指定した日を変更することができる』という権利です。この権利があることで、労働者は有給を取る日を指定しても、会社側が忙しいという理由で、日にちを変更される恐れがあります。

あれ?

労働者は『時季指定権』でいつでも有給を取得していい。会社側は『時季変更権』で忙しくて業務の正常な運営を妨げる場合は、有給日を変更してもいい。

なんか矛盾していますよね。

では、『時季指定権』と『時季変更権』はどちらが優先されるのか?これは、法的にどちらを優先するのかという記述はありません。ですが、一般的には『時季指定権』の方が優先されるパターンが多いみたいです。

ちなみに『正常な運営を妨げる場合』とはどんな場合なんでしょうか?

例えば、その社員がいなければその業務を行うことが不可能な場合(薬剤師など)に適用されるようです。

ただ、家庭の事情や、結婚式など、どうしてもその日に休まなければいけない場合は仕方ありませんが、ただ遊びたいからとか、正当な理由のない場合はできるだけ出勤する様にしましょう。正当な理由がない場合、今後の評価に響く可能性もありますので・・・

自分の適正年収を調べる

「転職サイト@type」に登録すると自分の適性年収を調べることができます。

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

もちろん、全てのサービスを無料で利用できるので、求職中の方はもちろん、就業中の方も、自分の適正年収がどれぐらいなのかを調べてみて下さい。