自分にあった適職を見つける

仕事をする目的は『お金を稼ぐこと』なのは言うまでもありません。

と言っても、お金を稼ぐためだけに働くというのも何か寂しいですよね。

例えば、25歳~65歳まで働くとして、年間休日が100日、1日の労働時間が8時間+残業1時間、あると仮定してます。

25歳~80歳(男性の平均寿命)まで、これからの人生で仕事をしている割合を計算してみましょう。

仕事時間=(65歳 – 25歳)×(365日 – 100日)×(8時間 + 1時間)=95400時間

総時間=(80歳 – 25歳)×365日×24時間=481800時間

仕事割合=95400時間÷481800時間×100%=19.8%

人生の約20%が仕事をしている時間になります。ちなみに睡眠時間を除くと30%近くになります。

そう考えると、どうせ仕事をするなら楽しく、自分のやりがいのある仕事をしたいですよね。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

参考記事

公開日: 2013年10月18日
更新日: 2015年3月3日