何のために働くんですか?

会社に入社して働き始める際に必ず確認しなければいけないことがあります。

それは、何のためにこの会社で働くのかを明確ににしておかなければいけません。

働く理由は人それぞれあると思います。

『お金を稼ぎたい』『親に就職しろと言われてとりあえず』など、何となくこの会社に入社したというのも理由の一つと言えるでしょう。

しかし、上記の様な理由は明確な理由とは言えませんよね?

働く理由が明確化されている人程強いです。何故かと言うと、その目的を達成する為に努力をするからです。

例えば、この会社の○○の技術力を学んで10年後に独立して会社を設立する!といった明確な理由がある場合、その会社で多少嫌なことがあっても我慢できます。

何故なら、明確な目標があるから。

その嫌なことが人間関係の環境や仕事の内容であった場合でも、自分がこの会社で何を学び何をすれば良いのか明確にしていれば、将来に目を向くので今、嫌なことがあっても辛抱すれば、将来自分のやりたいことを達成できるという夢や希望が沸いてきます。

しかし、『お金を稼ぎたい』や『親がうるさいので』といった明確な理由が無い場合、入社してすぐ目の前で嫌なことがあった場合、ここで退職してもまたお金を稼げる会社に就職すればいいや!という感情になってしまいます。

起きている時間の半分ぐらいの時間を仕事をしていることになります。その時間を何のために働いているのか分からないと言うのはチョット悲しいですよね。

宝くじで3億円当てた!とか親が大金持ちだから働かなくてもいい!という人達を除いてほとんどの成人の方は働かなければなりません。

どうせ働くなら『楽しく働いたほうがいい』ですよね。この楽しくというのは決して『』ではありありません。

楽しく働く為には、いろいろな嫌なことを経験しなければいけません。

努力をしなければいけないし、思う様にいかないことだっていっぱいあります。

しかし、夢や希望があれば乗り越えられます。

いやいや、夢や希望とか言う前にお金が無いと何もできないでしょ?と思うかもしれません。

確かにそうかもしれません(というかそうでしょう)

ですので、お金を稼ぐということは働く上での根底にあることなので除外させてください・・・

お金をいっぱい稼いで自分のやりたいことをできれば最高ですよね。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年10月27日
更新日: 2015年3月3日