夢と現実は違う

会社に就職して社会に出る前に夢を膨らませる人は多いでしょう。

『社長になるぞ!』『営業成績トップ』『技術を習得して独立するぞ!』など皆それぞれ夢を持って会社に入社します。夢を持つことは大変素晴らしいことです。

しかし、大半の人は入社してすぐにその夢を打ち砕かれます。社会経験をしたことがない若者、夢が大きい人程その傾向が強くなります。

営業成績トップどころか周りに迷惑をかけないで働くのがやっとです。

現実はそんなに甘くありません。

ほとんどの人が、入社してすぐに営業成績がトップになる訳もありません。ほとんどの人が、入社してすぐに社長に近づける訳もありません。

ここまでは誰しも経験することです。逆に夢を持たなくて入社するほうがどうかと思います・・・

重要なことはむしろその後で、夢を持って入社して現実に直面した時に、どういう行動を取るのかが今後の人生で非常に重要なことになります。

夢を打ち砕かれてもういいやと思い夢を諦めるのか?

夢を打ち砕かれても夢をかなえる為に努力をするのか?

夢を諦める人の大抵は、自分が夢を諦めたのは会社側に問題があって自分に問題はないと都合よく考えてしまいます。

なのですぐに転職してまた夢を追いまた同じ挫折を味わいます。そしてまた夢を追い、いつの間にかお金を稼いで生活するのがやっとで夢を追っている場合じゃない状況に陥ります。

運がよければ、どこかの会社で運よく営業成績トップになって昇進していくかもしれません。ただ同じような考え方だといくらでも挫折します。

では後者の場合はどうでしょう。

夢を打ち砕かれても諦めずに努力をして同じ会社で頑張っていれば『忍耐力』が付きます。

夢を叶えようとすれば、必ず困難な場面に直面します。

それを、避けるのではなく乗り越えることで未来は見えてきます。忍耐力があれば多少の嫌なことや困難を乗り越えられます。

何度も言いますが、夢を持つことは素晴らしいです。

キレイごとの様に思われる人もいらっしゃるでしょう。確かにキレイごとで困難に打ち勝っても夢を達成出来るとも限りません。夢を追わずに楽してノウノウと生きていく方が楽な人生をおくれるかもしれません。

しかし、どうせ仕事するなら何でもいいから夢を持って楽しく生きれれば最高ですよね。

(ここで言う楽しくは『楽』という意味ではありません)

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年10月27日
更新日: 2015年3月3日