転職活動は在職中か退職後どちらがいいのか?

在職中の転職希望者の方なら、このまま在職しながら転職活動をするのか、退職してからゆっくりと転職活動をするのか迷うと思います。

転職活動をする上で、在職中と退職後でどちらにもメリット・デメリットが存在します。自分に置かれている状況に応じて判断しましょう。

それでは、それぞれのメリット・デメリットについて考えていきましょう。

在職中に転職活動するメリット

【経済的に安心】

収入が途切れるないので、経済的に安心になります。

【焦る必要がない】

現職の収入があるため、焦って転職先を探してしまって失敗することも少ない

【税金や保険の手続きが不要】

国民健康保険や失業保険の手続き、確定申告の必要も無いので楽

【転職活動で有利に働く】

在職中に転職活動していると書類選考の際に有利に働きやすい

在職中に転職活動するデメリット

【時間の調整が困難】

仕事をしながらだと、面接日時などの時間の調整が難しくなる。

そうなることにより、結局転職が後伸ばしになってしまう。

退職後に転職活動するメリット

【時間がとれる】

時間が十分取れるので、応募しようとする会社の情報集めや業種の研究などの時間がとりやすい。

【資格やスキルを磨ける】

空いた時間で資格を取ったり出来るので、転職に有利になる場合がある。

【失業保険が貰える】

条件はありますが、失業保険や再就職手当がもらえるのでお得。

退職後に転職活動するデメリット

【イメージが悪くなる】

あまり転職までのブランクが長すぎると、企業側からしたらイメージが悪くなる恐れがあります。

【収入が無い】

基本的に収入が無くなるので、この先不安になる。

【妥協しやすくなる】

あまりにも転職活動が長引くと、収入面から企業を妥協してしまいがち。

【やる気がなくなる】

働いていないと制約が無いので、生活が不規則になり、気力の減退や体調不良を引き起こす恐れがあります。

最悪の場合、うつ病になることも。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年10月20日
更新日: 2015年3月3日