仕事を選ぶ基準

仕事を選ぶ際に必要になってくるのが『仕事を選ぶ基準

もし転職する理由が、「上司が嫌いだから」「仕事内容が嫌だから」といったマイナス転職の場合でも、次はどんな職場で働きたいかの基準を明確にしておかなければなりません。

ただ漠然と求人情報を見て「良さそうだから」と言う理由で転職先を決めてしまうと失敗してしまう可能性が高くなり、後で後悔してしまいます。5年経っても10年経っても「この会社に入社して良かった」と思えるような仕事をしたいですよね。

そこで、自分が働く上でどういう条件で働きたいのか。絶対に譲れない条件。できれば希望したい条件などを全て洗い出してみてください。それらに優先順位をつけて管理しておくと、今後求人情報を見る際に、あれもこれも見る手間が省けて効率よく転職活動ができます。

ここでは、基本的にチェックしておきたいポイントをまとめてみました。

会社の規模

会社の規模はみなさん少なからず気にする人も多いでしょう。

資本金・従業員数・事業所数など、会社の規模を図る項目は多数あります。ただ、会社の規模が大きいからと言って「倒産しない」「給料が高い」「リストラされない」とは限りませんので注意してください。

会社の規模は、会社のホームページを見れば大抵の情報は記載されています

社風

例えば目標管理の手法やスキルアップの手法。自己啓発への支援はしっかりしていのかなど。

その他にも、従業員の構成、自分と同世代の従業員は多数いるのか?男女比は?など。自分が入社して、どれだけ居心地よく勤務できるのかは、非常に重要な項目になります。快適さやキャリア作りのうえで重視したいことを具体的に考えてみましょう。

社風のチェック方法は、大手企業の場合はインタネットである程度の社風は観覧できます。(虚偽報告も多いですが・・・)

面接の際に、時間があれば迷惑にならない程度に社内を観察してみるのも有効かもしれません。

雇用形態

雇用形態が正社員なのか契約社員なのか。経験を積むために、派遣社員やパートタイマーで探すのも1つの手です。

自分がどういう理由で転職をしたいのかを明確にしておきましょう。

仕事の内容

皆さんが仕事を選択する上で一番重要な項目になるでしょう。

「営業」「経理」「企画」「設計」「販売」の様に漠然とせずに、営業をやりたいのであれば、どういう営業をしてどういう目標を持ち、達成させるには、自分にどういうスキルが必要なのかを明確にしておくことが必要です。

給料

まず、提示されている最低限の給料で生活ができるのかを計算しておいて下さい。

特に前職の勤続年数が長かった年配者の人は、転職すると給料が下がってしまうパターンがあります。、あた、既婚者の人はこの給料で家族を養えるかを十分検討しておいて下さい。

最低限の給料を計算しておけば、それより下がることはないので、安心できます。

勤務時間・休日

始業時間が何時からで、終業時間が何時までかを確認します。

場合によっては、深夜勤務や早朝勤務の可能性もありますので、しっかりとチェックしておきましょう。

また休日も、土日祝休みなのか、完全週休二日制なのかシフト制なのかをチェックしておきましょう。

勤務地

勤務地は何処になるのか。

面接場所が勤務地とは限りませんので注意して下さい。通勤時間がどれくらいかかるのかも事前にシュミレーションしておきましょう。会社によっては送迎バスがあったりするので、どういう交通経路になるのかも同じくチェックしましょう。

また、面接や応募時に「転勤の可否」を聞かれる場合もあるので、そのあたりもしっかり考えておきましょう。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月24日
更新日: 2015年3月3日