前職の実績をアピール

面接でこれまでの仕事での実績をアピールすることは非常に大事です。これまでの実績がある方なら、その実績を文章にするだけなのでそこまで苦労する必要はありませんが、これまで目立った実績がない人も大勢いらっしゃると思います。勿論、企業側は大きなことをしている程、評価をしてくれます。しかし、それ以上にあなたが担当した業務の状況や行動などの実績の背景をしりたいのです。

そこで大事になってくるのが、こういった状況のときに、どんな考えを持ってどういう風に行動したかを伝えることが非常に重要です。これまでどんな大きな仕事をしてきたという実績も大切ですが、小さな仕事でも自分が中心となって取り組んだ仕事の方がアピールなる場合もあります。

今までずっとアルバイトをしてきて、これといった実績がない人もいます。そういった人でも実績バリバリの人に勝てる可能性はあります。

前職のアピールをするのに一番大事なことは、『前職で自分がしてきたことに自信を持つこと』。自信を持って話をすれば相手に伝わりやすいです。その為には、どんな小さなことでも構わないので、明確な実績をエピソードとして伝えれるようにしておかなければなりません。

そして、その実績を今後どう生かせるかという明確な理由を『4.転職・志望理由』で伝えていきます。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月13日
更新日: 2014年12月6日