面接前の事前準備

面接を受ける前に、これだけは事前にしておきたいポイントをまとめました。

企業情報の収集

自分がこれから面接を受ける企業を入念にチェックしましょう。主な内容として、『経営方針』『社長名』『事業展開』など。ホームページや会社案内など。面接時に企業についての感想を求められることがありますので、しっかりと暗記しておきましょう。これで答えれないとこの人はこの会社に興味がないのか?と思われてしまいます。

業界情報の収集

自分が希望する業界の情報を頭に入れておきましょう。面接時に業界の動向や最新情報など聞かれる場合がありますので、しっかりと対応できるようにしておきましょう。

質問に対する回答

履歴書を書くときに実行した『キャリアの棚卸し』をしっかりして、これまでの経験や実績をまとめておきましょう。その上で、どんな質問がきても対応できるように対策しておくことが大事です。ハローワークや友人などを利用して事前に面接対策しておけば本番でも対応しやすくなります。

持参するものの確認

面接時に必要な書類などをもう一度確認しておきましょう。基本的には『履歴書』『職務経歴書』『自己PR書』『筆記用具』『会社から渡された書類など』が必要になります。

面接地の確認

面接地が何処なのかの確認は勿論、どの公共機関を利用するのか?時間はどの程度かかるのか?を必ず確認しましょう。遅刻をしてしまうと、正当な理由がない場合、ほぼ落ちると考えて良いでしょう。ちなみに、自動車で向かうと渋滞などで時間が大幅に遅れる可能性がありますのでオススメできません。

希望条件の設定

給料や勤務地など、自分が譲れない条件がある場合、事前にまとめておきましょう。

体調を整える

面接日に向けて体調を整えておきましょう。面接日の前に日は夜遅くまで出歩かず、早めに就寝することを心がけましょう。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月12日
更新日: 2015年3月3日