面接時に確認しておきたいこと

面接では、基本的に面接官からあなたに対して、質問をしていき答えていく流れです。そういった流れからか、質問するのを遠慮してしまう人が多いです。しかし、気になる点を確認せずに不透明にしたまま入社して、あとで「こんなはずじゃなかった」と後悔する可能性もあります。

また、質問をしないと言うことは、面接官から「この会社に興味がないのかな?」とか「自分から前に出て話をすることができないのかな?」とマイナスイメージを持たれる可能性もあります。

そういった意味でも、気になることは積極的に聞いていきましょう。しかし、気をつけなければならないことが2点あります。

まず1点目は、質問するタイミング。話の途中で、まだ今の話題が続きそうな雰囲気の状態で話を遮って質問するのは良くありません。その場の空気やタイミングを読みながら質問することが大事になってきます。

そして2点目が、質問する内容。何でもかんでも質問して良いという訳ではありません。給料面などの待遇は皆さん一番気になる所でしょうから、説明で不十分だった場合は質問しても問題ありません。しかし、あまりに待遇面を聞きすぎると「仕事に関しては興味がないのか?」と思われてしまう可能性がありますので、注意が必要です。また、一度説明を受けた内容や求人広告に記載されている内容を質問するのは控えましょう。もし質問せざるを得ない場合は、「申し訳ありませんが・・・」と一言付け足しましょう。

それでは入社前に確認しておきたい事項をまとめてみましょう。

具体的な仕事の内容

入社後に担当する仕事内容や職場の規模など、今後自分が働く職場のことを質問しましょう。こういった質問をどんどんすることで「仕事に対して興味がある」と思われますので積極的にどんどん聞きましょう。但し、同じ様な内容の質問を繰り返さないように気をつけましょう。

 

事業内容

ホームページや企業案内に記載されていない、会社の事業内容を確認しましょう。特にこれからの事業計画などを聞くと向上心を持っていると思われます。経営方針も合わせて質問しましょう。

 

昇給・昇格

査定方法や求められる人物像など

 

休日

週休2日なのか、土曜日は出勤なのか。サービス業の場合、休みのシフトはいつ出るのかなど。しかし、給料と同様であま突っ込んで聞きすぎると「そんなに休みたいのか?」とマイナスイメージを与えてしまう恐れがありますので注意してください。

 

勤務地

勤務地がどこになるのか。求人広告に載せている勤務地で間違いないのか。転勤の可能性はあるのか。もし転勤になった場合、住宅手当はきちんとつくのかなど。

 

試用期間

本採用前の試用期間がどれくらいの期間おこなうのか。試用期間中の仕事の内容や流れなど

 

面接結果

面接結果の連絡方法、連絡日時、連絡可能な時間など。まだ選考試験が続く場合はその日時。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月10日
更新日: 2015年3月3日