面接時に嫌われるタイプ

悪口を言う

面接時に前職の悪口を言ったり、自己中心的な発言が多い人は嫌われます。悪口を言っていると、うちの会社の悪口を言ってるんじゃないかと思われますので、印象が悪くなります。また、悪口をばっかりを言っている人は自己中心的なタイプが多いので、企業側からしたら敬遠されます。本当に相手側(前職)が悪い場合でも、ストレートな表現をしないようにしましょう。

自信がない

自身が無い人の挙動として、『常に下を向いている』『声が小さい』『自己アピールができない』などが挙げられます。どれもデメリット要素なので、面接の時までにはしっかりと対策をとっておきましょう。対策の取りかたとして、面接前にハローワークや友人などを使って模擬面接をすることです。何度も面接を繰り返していればどんどん慣れてきます。

無気力

無気力と自信がない人は見た感じ同じような症状ですが全然違います。自分に自信がない人でも、自信がないなりに克服しようという姿勢が見られたらまだましです。しかし、無気力な人はそういった努力が見られることがないので、もっと印象が悪くなります。無気力を克服するのは、自分の受けようとする企業にもっと興味を持つことです。というか、興味を持てないなら面接を受ける意味がないですね・・・

自信過剰

自信過剰な考えは悪くないと思いますが、度が過ぎると嫌われてしまいます。面接中に腕を組んだり、相手を下に見下したような態度をとったり、やたら自慢話が多いなど。こいった人は自分では気づかない場合が多いので自分が自信過剰に該当するのか一度、周りの人に聞いてみましょう。

なれなれしい

敬語が使えない、口調が軽いなど。面接は飲みの席ではありません。硬くなりすぎるのもよくありませんが、あまりリラックスし過ぎると、『こんな人に仕事を任してて大丈夫だろうか?』と思われてしまいます。最低でもしっかりとした敬語は使えるようにしておきましょう。

不潔

どれだけ仕事ができても、あまりに身だしなみがだらしないと採用される確率は低くなります。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月12日
更新日: 2015年3月3日