面接時に好かれるタイプ

熱意を持つ

熱意を伝えるためには、強い意思が必要です。『・・・だど思います』という言い方は極力しないようにして『絶対に○○』という風に絶対語で伝えることが大切です。ただそのためには根拠を用意しておかなければなりませんので注意してください。

相手を受け入れる

面接官に好かれる場合は、まず自分から相手に好きなり、受け入れることが大事になってきます。面接官には色々な性格の持ち主がいます。自分が嫌と思ったら相手も自分を嫌がっている場合が多いので、まず自分から相手に合わせて受け入れることが大事です。

相手の目をしっかり見る

相手の目をしっかり見てアイコンタクトをとることも重要です。面接中に常に下を向いたり、キョロキョロ周りを見渡してみたりしていると印象が悪くなります。面接中は常に話している人の目を見て対応するだけで印象がガラリとかわります。目を見ることが苦手な人は、目と目の真ん中辺りを見ても大丈夫です。面接まで時間がある場合は、友人や家族と話す場合に意識して行うと、面接時に対応しやすくなります。

相手の話をきちんと聞く

これは基本中の基本なことですが、意外とできてない人が多いです。真剣に話を聞くことはコミュニケーションの基本になります。相づちを打たなかったり適当な返事をしていると、この会社に興味がないかと思われてしまいます。適度にしっかりとした相づちを打ち、相手(会社)に興味があることを見せましょう。

素直になる

面接挑むにあたり、様々な対策を行います。このサイトでも様々な対策法を紹介しています。しかし、まずは素直になるということが大事になります。分からないことがあれば素直に質問する。分からないまま適当に答えていると必ず見透かされます。素直な人は好かれます。これは面接時に限ったことではありません。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月12日
更新日: 2015年3月3日