転職の狙い目時期

年間で求人が活発化になるのが、1月~3月と8月~10月と言われています。

まず、2月~3月は決算期にあたり、経営の見直しや人事異動での退職者が出るので人員補充の為に求人が活発になります。

また、この時期は新規事業の立ち上げなどで増員する会社も多いの立ち上げメンバーとして新規で従業員を雇うケースもあります。

次に多いのが8月~10月にかけて。

8月に夏の賞与を貰ってから退社する人が多く、その欠員補充のため求人数が多くなる傾向にあります。

これらの時期は求人情報が増えるので、転職希望者にしてみたら選択肢が増えるので狙いやすくなります。

しかし、その時期に転職活動をする人も多いので、好条件の求人に関しては競争倍率が上がりますので注意が必要です。

転職活動の期間

転職活動の期間は、最低でも2ヶ月~3ヶ月ぐらいは見ておいたほうがいいでしょう。

早い人でしたら数週間で次の転職先が決まる場合もありますが、そうなかなか上手くもいきません。

何故なら、応募から内定を貰って、初回出勤日まで早くても2、3週間はかかるからです。

ですので少なくても、生活費は3ヶ月以上は蓄えておき、失業保険と合わせて半年ぐらいの生活費を確保しておきましょう。

長い人だと1年以上かかるケースもあります。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

公開日: 2013年11月5日
更新日: 2015年3月3日