説得力のある志望動機の書き方

履歴書を書く際に一番頭を悩ませるのが『志望動機』でしょう。応募者によって環境が異なり、考えなければならないポイントが異なってきますが、基本的に5つのポイント抑えておけばどんな状況でも対応できます。

  • 希望する業種の魅力
  • 応募先企業の魅力
  • 入社したらできること
  • 自分のスキルや経験をどういかせるのか
  • 企業から求められていること

全ての事項に言えることですが、抽象的な表現ではなく『明確化』する事が大事になってきます。同業種の企業に応募するときは、これまでの経験・スキルを明確化する。異業種の企業に応募するときは、なぜその業種を選択したのかを明確化する。

志望動機では、いかに説得力のある「理由」を表現して、他の応募者よりあなたの採用にメリットを感じさせることが大事になってきます。そうするためには、自分の持っているスキルや経験を企業側に対してどう役立つのかを明確に打つ出さなくてはなりません。そういう点を、強くアピールすれば他の応募者より優位に立てるでしょう。

志望動機を書く際の注意点

後ろ向きな表現は控えましょう

「前の会社は○○は駄目なので、転職を考え御社を選びました」の様に、後ろ向きな表現は控えましょう。前職に不満があっても、転職先の会社で何をしたいのか?できるのか?を明確化して前向きに捉えることが必要です。また、前の会社の批判を言うと、うちの会社の批判もするのではないかと思われてイメージを悪くするので控えた方がいいでしょう。

ありきたりな表現は控えましょう

「御社の社風に惹かれまして・・・」や「御社の経営方針に共感し・・・」「御社の仕事内容に興味がありまして・・」などありきたりな志望動機を書いても相手は惹かれません。もっと具体的に『御社の○○の技術は大変素晴らしく、自分がこれまで経験してきた○○○の技術を御社でも存分に発揮できると考えご応募させていただきました』のように、自分がその会社に入って何ができるのかを明確化することが大事です。

受け身な表現は控えましょう

「御社で学ばせていただきたいです」など、未経験の職種に応募する際によく使われる言葉ですが、一見謙虚にみえて良いイメージを持たれると思いがちですが、そうではありません。謙虚さをアピールすることはいいですが、この場合、もう一言付け加えると印象が変わってきます。「御社で○○の技術を学ばせていただき、○○に貢献させてできるよう努力していきます」

精神論を前面に出しすぎるのは控えましょう

「ガッツで頑張ります」「気合でやり遂げます」など何の根拠も無い精神論を前面に出すと、この人はスキルや計画性の無い人だと思われてしまいます。10代の若い方や、現場作業での求人でしたら受け入れられなくも無いですが、40代の方や事務職の求人でその様に言われても・・・ですよね。精神論を出すのはいいことですが、その場合は応募する企業に対して生かせる知識や経験を具体化させて一言付け加えると印象が変わります。

同業種への志望動機

同業種への志望動機を書く場合は、自分のこれまでのキャリアを前面に押し出す必要があります。売上や販売数など、数値化できるデータがあれば分かりやすいです。

続きを読む

異業種への志望動機

異業種への転職の場合、実務経験が無いので、その分大きなハンディになりますので、そこをいかにフォローすることが重要になっきます。前職で得た知識や技術、経験の中から次にする仕事に対して応用できるものを前面に押し出します。

続きを読む

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月3日
更新日: 2015年3月3日