個人情報欄の書き方

個人情報の欄は、採用担当が一番最初に目がいく箇所です。記入に関して特に困ることは無い反面、ミスが多くなりやすい箇所にもなります。普段から書く機会が多く、油断しがちになりますので、気を引き締めて記入しましょう。

個人情報欄

【①氏名】

戸籍上の正式な名前を記入しましょう。少し大きめに書いたほうがバランスが取りやすく、印象もよく見えます。

【②ふりがな】

「ふりがな」と書いていれば平仮名、「フリガナ」と書いていればカタカナで記入します。

【③生年月日】

和暦でも西暦でもどちらでも構いませんが、どちらかに統一して記入しましょう。年齢はポストの投函日(日付欄に記入した日)時点の満年齢を記入しましょう。

【④性別】

どちらかに○を付けましょう。

【⑤現住所】

住所は都道府県からきちんと記入しましょう。『○○町2-3-8』ではなく『○○町2丁目3番地8号』と記入しましょう。マンション名など住所が長い場合、文字の調整には気をつけましょう。

【⑥電話番号】

できれば、携帯電話と固定電話の番号も記入しましょう。スペースがあればメールアドレスやFAX番号も記入してあげると親切です。

【⑦連絡先】

基本的に同上で結構です。実家の電話番号など、緊急連絡先を指定する場合は、記入しておきましょう。記入する内容が無い場合は空白でも問題ありません。

【⑧日付】

ポストへの投函日を記入しましょう。ちなみに、記入日ではありませんので注意してください。

【⑨写真】

履歴書用の写真を貼りましょう。印象のよい写真の撮り方を参考にして下さい。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月8日
更新日: 2016年11月10日