印象のよい写真の撮り方

履歴書用の写真は、あなたの印象を左右する大きな判断材料になります。

笑顔が一番

写真の形式

履歴書に貼る写真のサイズは一般的に

縦:36~40mm

横:24~30mm

単身胸から上を撮ります。

チェックポイント

【表情】

表情は、写真を撮る際に一番気をつけなければなりません。

口角:少し左上に伸ばす様なイメージで

目力:目に力を入れてやる気を前面に

とにかく自然な笑顔を作るように心がけましょう。また、背筋を伸ばして猫背にならないように気をつけましょう。

【服装】

服装は正社員は勿論、アルバイトやパートタイマーの場合でもスーツが良いでしょう。シャツは白色か明るめのカラー、ネクタイ着用で撮影するのが好ましいです。服装の乱れには十分気をつけましょう。

【髪型】

できるだけ清潔感を出すように心がけましょう。男性なら、短髪でしっかりセットする。女性で髪の長い方はしっかり束ねる。男性の方は黒髪、女性の方でも出来るだけ黒髪の方が印象がよく見えるでしょう。寝癖やヘルメット後など付かない用に気をつけましょう。

【メイク】

メイクも髪型と同様に清潔感を出すように心がけましょう。アイラインは細く、出来るだけ薄めのメイクで。

一般的な値段

証明写真BOX:600~900円程度

お店に依頼:1000~3000円程度

プロに依頼する場合でも、店によっては証明写真BOXと同価格帯で利用できます。もし、お金に余裕がある方でしたら、自分で撮影するのではなくてプロのカメラマン(お店)に依頼された方がベストです。写真の画質が綺麗のはもちろん、撮るときの姿勢や表情をアドバイスしてくれるのでよいです。

その他の注意点

  • 3ヶ月以内に撮影された写真を使用する
  • 折り曲げない・汚さない
  • 写真をカットする場合は綺麗にカットする
  • 貼るときにずれないようにする
  • のりがはみ出さない・接着不足に気をつける

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月8日
更新日: 2015年3月3日