趣味・特技欄の書き方

趣味はあなたの人柄や個性を伝えるための大きな武器になりますので、工夫して書いてみましょう。特技に関しては、できれば業務に関係するスキルを記入できれば尚良しです。たまに、趣味の無い人や、」職歴に関係ないと思い空白で提出される方もいらっしゃいますが、必ず記入してください。

そこから話が膨らむこともありますし、何より遊びを知らない人は独創性に欠けていると判断されてしまう可能性があります。そして、趣味・特技の欄は他の欄の様に堅苦しく書く必要はありません。

こんな趣味は気に入られやすい!!

『野球などの団体スポーツ』=協調性がある

『釣り』『登山』=忍耐強い

『株』『FX』=経済を読める

こんな趣味はNG!!

  • 競馬などのギャンブル
  • 漫画
  • アニメ
  • テレビゲーム

こういった趣味が決していけなことではありません。ですが、企業によっては悪い印象を持たれる可能性があります。

こういう場合は、

『競馬』 → 『スポーツ鑑賞』

『漫画』→『小説鑑賞』

『アニメ』→『映画鑑賞』

『テレビゲーム』→『テレビ鑑賞』

といった風に変えるとイメージが変わってきます。

また、映画鑑賞と単語だけで書くのではなく、なぜ好きなのかを作品を挙げながら簡潔に記入すると、あなたの個性をイメージしやすくなります。

採用担当者は年配者の可能性が高いので、相手が好きそうな趣味を狙って書き、雰囲気を明るくするのも一つの作戦です。但し、その趣味に関しての知識をあらかじめ勉強しておく必要があります。

年配者が好きそうな趣味

  • ゴルフ
  • 釣り
  • カラオケ
  • 株やFX

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月9日
更新日: 2015年3月3日