納得させる退職理由の書き方

退職理由は一般的にネガティブな意見が多いです。

代表的なのが『給料が安い』『残業が多い』『上司が嫌い』など。

しかし、もし本当にそういった理由で会社を退職する場合でも、履歴書にその様な記入をしてしまえばかなりイメージを悪く持たれてしまいます。

こういったネガティブな意見を前向きな意見と捉えるには、ただ不満だから辞めるのではなく、次の会社で新しいことをチャレンジしたいという前向きな捉え方で表現すれば悪い印象をもたれることも少ないです。

人間関係に不満があった場合

前職では、会社の方針から業務の効率化の図りかたに疑問を感じておりました。しかも、少人数でのチーム編成だったので、役割分担など、私が提案したアイデアを生かすことが困難な状況でした。職場にも愛着がありましたが、自分の能力をを生かせれる職場で働きたいと考え、転職を決意しました。

上司や同僚など、人間関係に問題があった場合でも、ストレートに表現すると悪いイメージを持たれてしまいますので、会社の組織や環境の問題にして書くと良い。

給料面で不満があった場合

○○の業務のプロジェクトリーダーを任されておりました。昨年は前年比○%アップを実現し、大幅黒字を達成したことで自信も深めました。しかし、会社の評価が思うように得られず、また、今まで培った経験を新しい環境で発揮したいと思うようになり、転職を決意しました。

給料が安いといった表現は出来るだけ避けたい。自分は実績を上げているのに評価が低いといった点を前面にアピールすることにより、理解の得られる主張になっています。

リストラにあった

前職では、○○の業務に従事していましたが、不採算部門の整理が始まり、このまま会社に残るのならば配置転換を強制させられる状況に陥りました。しかし、今の業務が好きで自分なりにようやく仕事のコツを掴んできたところでしたので、早期希望退職制度を利用して新しい職場で自分がこれまで経験してきたスキルを存分に発揮できる会社で働きたいと考え、転職を決意しました。

リストラをされたという事実はマイナスイメージに捉えられやすいです。たとえリストラの場合でも、上記の様に前向きに捉えて表現することを心がけましょう。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月9日
更新日: 2015年3月3日