履歴書用紙の選び方

自分に合う履歴書を選択する

ますはじめに、自分に合う履歴書を選択する所から始まります。履歴書には様々な形式があります。会社によっては形式が決められている場合もありますが、ほとんどの場合は履歴書の指定はありませんので悩みますよね。

基本的に自分が書きやすそうな形式を選んで頂いて結構ですが、いくつか判断になるポイントがあります。例えば、社会人経験が長い場合を書く欄が出来るだけ多い履歴書を選びましょう。逆に、職歴が乏しい方、未経験で応募されるときは、趣味や特技、自己PRといった人間性が出せる項目の記入欄が多い履歴書を選びましょう。

rirekisyo-2

このフォーマットは、ハローワークインターネットサービスからダウンロードした履歴書になります。JIS規格の履歴書になりますので、転職をされる際は、基本的にこのような用紙を使います。

特徴として、学歴・職歴欄が右側まで大きく設けられていますので、転職回数の多い方や、キャリアをアピールされたい場合に使いやすいです。その分、志望動機やアピールポイントといった欄が狭くなり、まとめられていますので、いかに簡潔に記入できるかがポイントになります。

rirekisyo-1

このフォーマットは、これまでの活動や趣味などの職歴に関係ない項目が大きくとられています。ですので、これでの経験が浅い方、人柄や志望動機を前面にアピールしたい場合に有効活用できます。

こういったフォーマットは、正社員の求人よりも、どちらかと言うとアルバイトやパートタイマーで使われるパターンが多いです。

履歴書はダウンロードでも手に入れることもできますが、基本的には履歴書用紙を購入して記入しましょう。アルバイトやパートタイマーの場合はダウンロード用紙でも問題ない場合が多いです。

【履歴書をダウンロードできるサイト】

履歴書メーカー

(他のサイトに移ります)

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月8日
更新日: 2015年3月3日