求人情報の仕入先

求人情報の仕入れ先はどんな所があるんでしょう?

一昔前までは、ハローワークや新聞や有料の求人情報誌がメインでしたが、現在ではインターネットが普及して、ネットを利用でして誰でも無料で簡単に求人情報を見つけ出せる様になりました。

求人誌や転職サイトを利用して自分で探すのも良いですが、ハローワークや転職エージェントを利用すると、転職相談や対策を立ててもらうことができるので、より効率よく転職活動が円滑に進められます。

転職を支援しれくれる窓口は、『民間機関』と『公的機関』が存在します。

民間機関とは?

民間機関は、転職エージェントが挙げられます。

転職エージェント会社は全国に1万社以上あると言われています。

大手の転職エージェントとして『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』『エージェントサーチ』『パソナキャリア』などが挙げられます。

「新卒に強い」「技術系の仕事に強い」「年配者に強い」など。各エージェント会社により特徴がありますので、自分に合ったエージェント会社を選択することが非常に大切です。

公的機関とは?

公的機関で代表的なのが、『ハローワーク』が挙げられます。

ハローワークの他にも、若者向けの『ジョブカフェ』や出産間もないママさん向けの『マザーズハローワーク』も存在します。

では『民間機関』と『公的機関』どちらがいいのか?

転職エージェントもハローワークも求職者からしてみれば、どちらも全て無料で利用することができます。

一方企業側からしてみれば、ハローワークには無料で求人を出すことができますが、転職エージェントの場合は有料になります。その分もあってか、転職エージェントの方が、いい人材を揃えたいと言うこともあって、待遇の良い求人が多いです。その反面、採用に関してのハードルが上がるのは言うまでもありません。

ハローワークの場合は、基本的に地域密着型の求人が多いのが特徴です。ですので、地元で求人を探している場合は、ハローワークを利用する方が効率よく探すことができます。一方、自分は他の求職者よりスキルや経験が優れていると思われるのでしたら、転職エージェントを積極的に利用してみるのも1つの手です。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月24日
更新日: 2015年3月3日