状態別のアピール方法

転職回数が多い場合

転職回数が多い場合、やはり企業に対しては良いイメージは持たれません。転職が多い人のイメージとして『我慢ができない』『人間関係の築き方が下手』『嫌なことからすぐ逃げ出す』という風に思われてしまいます。このイメージをプラスに持っていくのはなかなか至難の業です。

しかし、転職回数が多いということは、それだけ色々なことに興味があるともとれます。そういったプラスの材料をいかに前面に押し出していけるかがポイントになってきます。

異業種への転職

未経験の業種へのチャレンジは経験が無いということもあり、不利になる場合が圧倒的に多いです。しかし、異業種で学んだメリットが必ずあるはずです。こういった強みを次にする仕事に関連付けてアピールすることにより、他の応募者には無い強いメリットが生まれます。こういった強みをアピールするためにも、下準備としてキャリアの棚卸をしっかりしておきましょう。

フリーターからの転職

フリーターやパートタイマーから正社員の求人に応募する場合、大きな壁になる場合があります。採用担当者はアルバイトしかしてこなかった人に対して、『ビジネスマナーが身についていない』『計画性がない』いぅたマイナスイメージを持ちます。

この不利な状況を和らげるには、なぜアルバイトの道を選んできたのか?これまでのアルバイトで学んできたこと、仕事に対する姿勢をきちんと明確化することが大事になります。自分がその職務をきちんとこなせることを強くアピールしなければなりません。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月9日
更新日: 2015年3月3日