キャリアの棚卸をしよう

職務経歴書を記入する前に、自分のキャリアについて棚卸をしましょう。

キャリアの棚卸を事前にしておかないと、文章がが断片的になったりつじつまが合わなくなる場合がありますので、経歴書を作成する前にしっかりと棚卸をしておきましょう。

では具体的にどのようにして、棚卸をしていけばいいのか?

①今までに起きた出来事を全て洗い出す

始めに、自分が生まれた時から今までのに起きた出来事を、出来るだけ思い出して記録します。

書式や内容を気にせずに、何でもいいのでどんどん書き出していきます。手書きでも良いですが後で編集しやすいようにWORDやEXCELなどのソフトを使って記入していくと後々便利です。

②その内容を整理する

思い出した内容を整理していきます。

その中でも、入学や就職、転職などの人生に大きく影響を及ぼした内容や、成功談や失敗談を抜粋して整理します。ここで気をつけなければならないのが、成功談だけではなく失敗談も書き込むこと。

失敗は誰しもあることです。その失敗から何を学び、どういう行動を取ったのかが非常に重要になってきます。

③成功談と失敗談をまとめる

最後に、職務経歴書に書けそうな成功談と失敗談をまとめます。

成功談を書き出す際は、どういう内容、状況でどのようにして成功したのか?成功した後、どのようなメリットがあったのかを明確に書き出します。失敗談を書き出す際は、どういう内容、状況で失敗したのか?どのようにすれば失敗を防げたのか?

そして、その失敗から何を学び、今後どの様に対応していくのか?などを明確に書き出します。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月8日
更新日: 2015年3月3日