職歴要約の書き方

職務要約は、職務詳細を記入した後に記入していきます。職務要約には、これまでの職歴の概要を分かりやすく記入していきます。職務要約の役割として、採用担当者の目を引く案内として利用されます。どういうことかと言うと、職務経歴書の一番中枢になるのが『職務詳細』になります。しかし、職務詳細は内容が細かくなりますので、なかなか内容をすぐには把握してもらえません。

そこで、職務要約を先頭に持ってくることで読み手の興味を引くことができますので、その後の職務経歴にもすんなりと入っていくことができます。また、場合によってはフォントサイズを大きくしてより強調しても効果的になる場合があります。

大学卒業後、機械部品メーカーに入社。工場での研修を終えて本社営業本部に配属。日々、向上心を高く持ち、その結果数々の営業賞を受賞し会社の利益に貢献する。現職である自動車部品メーカでは、○○の立ち上げメンバーに選出され、○○の商品企画にも携わり、製造やマーケティング知識の習得に努めることに従事。

職務要約は職務経歴書の中身を決めてしまうものです。したがって、応募職種によって柔軟に変えていくことが大事になってきます。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月9日
更新日: 2015年3月3日