アピール材料を認識しよう

採用の決め手になるのが、その企業のニーズにより様々で、Aの企業が求めている人材がBの企業でも求められるとは限りません。

その各企業のニーズを理解することは至難の業ですが、職種によりある程度認識することができます。

一般的には職種ごとにアピールポイントを認識していきます。

それぞれの職種でアピールポイントをある程度認識していれば、より効果的な職務経歴書を製作できます。

特に、これまでと違った職種にチャレンジする場合、実務経験が不足するのを補うための工夫が必要不可欠になります。

【職種別アピールポイント】

職種 アピールポイント
営業・販売 営業成績などの数値化できる項目が多いので分かりやすい。これまでの実績+商品知識や企画力を織り交ぜてアピールしよう
事務職 正確性や敏速性、いかに効率よく業務をこなせるかがポイントになってきます。職務が多岐にわたるので詳細を記入しましょう。
サービス職 お客さんと接する時間が多いので、人間性など面倒見の良さが必要とされる職種です。コミュニケーション能力の高さをアピールしましょう。
企画・開発 その分野に対して、専門的な知識を必要です。向上心、や先見性、適応性など目の前にある問題をどの様に対処していく能力をアピールしましょう。
技術職 専門性の高い職種であるため、その分野に対して高度な知識をアピールしましょう。技術力の高さを証明できる資格や実績があれば尚良しです。

どの職種にもアピールになるのが『マネジメント能力』です。

部下の数が多ければ多いほど、管理能力や指導能力に優れていると判断されます。

どの職種にも共通して求められる能力はこの他にもたくさんあります。

このような素質は、どんな職種にも対応できるので、即戦力性を補強するという点でも強い味方になってくれるでしょう。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月9日
更新日: 2015年3月3日