書類選考の基本

どの企業でも1次審査は書類選考のパターンが多いです。では、実際に書類選考はどの様にして行われて、判断基準は何なのかQ & A方式で考えていきましょう。

判断基準は?

基本的にスキルや経験、年齢などで判断されます。年齢を追うごとに、学歴はそれほど重要では無くなってきます。あとは、書類提出のルールやマナーがきちんと厳守されているのか、そこから社会人としての素質を判断されます。

誰が見るの?

基本的に人事や総務の採用担当者が目を通します。また、その職種の担当責任者が一緒に判断する場合もあります。小さい会社でしたら社長が自ら担当する場合もあります。

どれくらいの時間をかけて見るの?

応募者が多い場合、1通あたりにかける時間は1、2分とも言われます。最初の見た目で判断される場合が多いので、だらだら長く書くのではなく、簡潔で分かりやすい文章構成を心がけましょう。

どれくらいで採否が分かるの?

企業にもよりますが、1週間~10日ぐらいはかかると思っておきましょう。採否を待っている間も転職活動を続けましょう。

字が下手だけど選考に不利?

字が綺麗に越したことはありませんが、字が下手な場合でも、丁寧に書いていればさほど問題はありません。走り書きで書くのは論外です。

履歴書の返却は可能?

基本的にどの企業でも、履歴書の返却はされません。返却を求めても、企業側には、法的には返却しなければならないという義務はありませんので難しいでしょう。

ただ、個人情報を扱っているので、返却を拒否された場合、企業側はその応募書類を破棄しなければなりません。

もし似たような内容の履歴書を使いまわしたい場合は、事前にコピーを取っておき、履歴書の内容を保管しておきましょう。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月7日
更新日: 2015年3月3日