問い合わせのマナー違反

電話での問い合わせや応募をする際に、やってはいけないマナー違反を例に挙げて紹介していきます。

  1. 名前を名乗らない
  2. 敬語の使い方
  3. 曖昧な表現
  4. いくつも質問する
  5. 求人内容に記載されていることを質問する
  6. 相手を待たせる

1.名前を名乗らない

問い合わせ時の名前を名乗らないのは論外です。

開口一番名前を伝えましょう。

2.敬語の使い方

間違った敬語の使い方には注意しましょう。

『お宅』→『御社』

『求人情報を見て』→『求人情報を拝見して』

3.曖昧な表現

曖昧な表現を使うと相手は戸惑います。

『一応』『多分』などの言葉は出来るだけ控えましょう。

4.いくつも質問する

聞きたいことはいくつもある場合は、簡潔にまとめてから聞くようにして下さい。

あまりに質問が長々と続くと印象が悪くなります。

5.求人内容に記載されていることを質問する

求人内容に記載されていることを聞くのは控えましょう。

問い合わせ前に、求人内容をよく確認してから電話するようにしましょう。

6.相手を待たせる

自分の用事で相手を電話口で待たせるのは止めましょう。

もし、電話中に急な用事が入ったら、また改めて連絡すると申し出て、一度電話を切りましょう。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月7日
更新日: 2015年3月3日