ネットでの問い合わせ・応募の仕方

ネットで応募するときは、主に転職サイト内の問い合わせフォームからエントリーする場合か、企業のホームページからEメールで直接問い合わせする場合の2点になります。

転職サイト内の問い合わせフォームや応募フォームは、ある程度フォーマットが完成していますので、特に悩む必要もないでしょう。しかし、Eメールで問い合わせをする場合は、記入する項目やレイアウトを自分で考えなくてはならないので注意が必要です。

読みやすい様にレイアウトする

Eメールで問い合わせや応募をされる際は相手が見やすいように配慮してレイアウトを作っていくことが大事です。

まず、『件名』を書き、本文の内容として、まず最初になぜこのメールを送ったのかを簡潔に書きます。

氏名』『住所』『年齢』などの個人情報を先に書きます。但し、連絡先は最後に書いたほうが分かりやすいです。

希望職種』を記入します。

同じ会社でも複数の職種の求人を掲載している場合がありますので、必ず書いておきましょう。

職歴や資格』など、自分をアピールできるスキルを記入します。

職務経歴書の様に詳細は書く必要はなく、出来るだけ簡潔に記入してください。

自己PR』を記入します。

これも簡潔に記入しましょう。 2行ぐらいで納めれたらベスト

最後に『連絡先』を記入します。

携帯電話とメールアドレスは勿論、緊急連絡先として固定電話があれば一緒に記入しましょう。

記入例

mail-toiawase

送信前のチェック項目

  • 誤字脱字
  • 送信先のメールアドレス
  • 企業名・担当者名の確認
  • 個人のアドレスを使っているか
  • 添付資料がちゃんと添付されているのか

誤字脱字

誤字脱字の内容に気をつけてチェックしましょう。

パソコン上だとチェックしにくければ、一度印刷してからチェックしましょう。

送信先のメールアドレス

送信先のメールアドレスをチェックしましょう。

企業名・担当者名の確認

企業名・担当者名の確認をしましょう。

特に後株と前株を間違える方が多いので注意してください。

個人のアドレスを使っているか

間違っても会社のメールアドレスを使用するのは避けましょう。

添付資料がちゃんと添付されているのか

企業によっては、職務経歴書などをデータ化してメールで送る場合もあります。

しっかり添付されているのか確認しておきましょう。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月7日
更新日: 2015年3月3日