入社後1週間の過ごし方

第一印象は大切に

新しい会社に入社して一週間は、非常に重要な時期になります。

人のイメージと言うのは、出会ってものの数分で、ある程度の印象が決定付けられます。入社から1週間程で、自分と関わるであろう部署の人とは一通り接すると思います。その中で、「仕事が出来そうだ」「頭が良さそうだ」「いい人そうだ」という良い印象を付けることが大事になってきます。

誰からも愛されるようなキャラクターを演じることも大切なことですが、内面だけではなく、外面にも気をつけなければなりません。清潔感のある身だしなみを心がけ、入社してしばらくは奇抜なファッションを控えて、色目や柄の弱い服装が望ましいでしょう。入社してすぐは、ただでさえ注目を浴びていますので、あまりハメを外した行動は慎みましょう。

まずは名前を覚えてもらう

入社後は自分の印象を良く持ってもらうことは勿論、自分の名前をいかに早く覚えてもらえるかが重要になってきます。

休憩時間や業務終了後は極力他の従業員の元に駆け寄り、たわいの無い話をしながら自分の名前を覚えてもらいましょう。早く覚えてもらうコツとしては、自分から相手の名前を呼ぶようにすることです。

コミュニケーションを上手く取れない人の共通点として、人の名前を呼ばないと言ったことが挙げられます。

人を呼ぶときに「すいません」とか「あのー」と言った声のかけ方はいけません。しっかり「○○さん」と名前を呼ぶようにしましょう。そうすることで、相手にも名前をしっかり覚えてもらえる可能性は上がるでしょう。

また、入社後1週間は、研修やら物の置き場所を覚えたり、会社のルールを覚えたり、自分の興味のある仕事じゃないことを淡々と覚えていかなければなりません。興味がないので適当にこなすのではなく、何事にも一生懸命取り組みましょう。

上司はそういった所を見ています。そこでの働きが良ければ、その後にいい仕事を任される確率も上がるでしょう。

少しでも早く会社に馴染んで仲間として認められたら、今後の業務もやりやすくなります。

ということで、入社後のスタートは非常に大事だということが分かりますよね。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

転職活動をする上で必須のツール

転職サイトの「キャリコネ」では企業で働く従業員の生の口コミを観覧することが可能!

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月21日
更新日: 2015年3月3日