入社後3ヶ月の過ごし方

入社して3ヶ月は、与えられた仕事をきちっとこなすことが何より重要になってきます。

入社して最初の1週間で、名前を覚えてもらい、最初の印象を決定付けられます。そして入社して1ヶ月で、基本的な仕事の進め方や人間関係を築き挙げていきます。

そして、入社して3ヶ月で、周りがあなたに対する印象はほぼ決定されてしまいます。

例えば、営業職だとある程度の実績(ノルマ)を挙げなければならないですし、技術職であれば求められる技術を習得しなけばなりません。

入社して3ヶ月では、どんな小さなことでも、『実績をあげなければいけない時期』と言えます。もちろんまだ3ヶ月と言えるので実績はおろか基本的な業務の流れを把握するので手一杯かもしれません。しかし、あなたは会社に利益を生むために入社している訳です。

いつまでも甘えてばかりではいけません。実際には成果をあげれなくても頑張っているというアピールをしなければなりません。

入社後3ヶ月は、どの企業も試用期間にあたります。ここであまり上司に良いように思われないと、自分の希望していない部署に配属されたり、最悪の場合、解雇になる可能性もあります。(普通に働いていれば、解雇はほぼないでしょうが・・・)

3ヶ月を過ぎると、『6ヶ月』『1年』『3年』という区切りで考えていきましょう。

自分らしさを出していくのは入社から6ヶ月後。1年以内に、この仕事が自分に向き不向きの判断ができ、3年でこの会社が自分に向き不向きの判断ができると言われています。

3年経って、「この会社は自分には合わないんじゃないだろうか・・」と思ったら転職を考えてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月21日
更新日: 2015年3月3日