どんな職場でも2割は仕事ができない落ちこぼれ社員

大企業に勤める社員に落ちこぼれなんていない

そう思っていませんか?

確かに大企業に勤める人の多くは高学歴で将来を期待されている人が多いのは確かですが、そんな大企業の社員でも2割は落ちこぼれ社員と言われています。

2-6-2の原則

皆さん「2-6-2の原則」って言葉を聞いたことはありませんか?

2-6-2の原則とは、どんな組織においても、「上位2割は優秀」で「6割は平凡」で「下位2割は落ちこぼれ」に分類される法則のことで、主に会社などの組織の中で使われる用語です。

落ちこぼれ集めると2割は優秀になる?

2-6-2の原則で考えれば、2割の落ちこぼれのかき集めて組織を作ればその中の2割は優秀になるってことになりますよね?

さすがにそれは言い過ぎかもしれませんが、人って自分より落ちこぼれの人がいれば心理的に楽になります。それと同時に自分がやらなければいけない!と責任感を持ちます。

それを見た上司はあなたに期待を寄せるのでもっと頑張ります。

人は期待されると伸びます。

逆に期待されないと落ちこぼれていきます。

さっきと逆に考えると、2割の優秀な人材をかき集めるとその中の2割は落ちこぼれになります。

それは、優秀な人ばかりかき集めると、その中の更に優秀な人は注目されて期待されるけど、下位2割は期待されなくなるから落ちこぼれていくんです。

落ちこぼれ社員が会社の足を引っ張っているとは限らない

下位2割に分類される仕事ができない落ちこぼれ社員が会社の足を引っ張っていると思われるかもしれませんが、落ちこぼれ社員を踏み台にして優秀になる社員もいるので、必ずしも落ちこぼれが会社の足を引っ張っているとは限りません。

皮肉にも聞こえそうですが組織と言うのは上手いことできています。

私もサラリーマン時代はそうでしたが、出来るだけ自分より能力の低い社員を見つけて優越感に浸っていたものです。

お前性格意地汚いな!」と思われるかもしれませんが、皆さんだって少なからず同じように思った経験ってあるでしょう。

そう考えると、6割の上位にも下位にも分類されない中途半端な平凡社員が会社にとって一番どうでもいい存在なのかもしれません(笑)

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2015年3月26日