円満退社を心がけよう

まだ在職中の方が、転職が決定して真っ先に考えなければならないのが、『いかに会社を円満退社するのか』ということです。

円満退職をしないと、次の職場に対しても綺麗な気持ちでスタートすることが出来ません。

ていうか、そもそも『円満退社』とはどういうことなんでしょう?

「会社とトラブルなく迷惑をかけずに退職する」

確かに円満退社と言えるでしょう。しかし、果たして本当の意味での円満退社と言えるのでしょうか?

会社を退職すると少なからず会社に迷惑がかかります。そもそも会社に迷惑がかからないということは、それはあなたが会社であまり必要とされていなかったという風にも捉えられます。

必要とされていないと言うことは、その会社で大した成果を挙げていないと言うことです。今の会社で成果を挙げていないのに次の会社で成果を挙げれるのでしょうか?勿論「今の仕事が自分に合っていなかった」や「社風が合わなかった」という理由もあるとは思いますが、今一度よく考えてみましょう。なんで成果が挙げられなかったかを明確にしておかないと、次の会社に就職してもまた同じことを繰り返してしまいます。

円満退社をする理由

円満退社をする理由として大きく3つ考えられます。

人間関係を保つため

人間関係は非常に大切です。会社を辞めたからと言って歯切れの悪い退社をして関係を絶つのは非常に残念ですよね。そういう意味でも円満退社をすることが非常に大切になってきます。

評判を落とさないため

世の中と言うのは狭いもので、いまる会社の人とどこで関わるかわかりません。引継ぎなどをしっかりせずに、悪い印象を与えたまま退社してしまうと、そういった悪評はすぐ広まります。そういった悪評が転職先の会社にまで広まってしまう可能性もないとは言い切れません。特に業種や職種が一緒の場合だと何かしらの繋がりがある可能性もあるでしょう。

そこから悪評が次の会社の同僚や上司に伝わってしまうと、今後の仕事に悪影響を与えてしまいかねません。

後味を良くするため

この先のキャリアを築いていく上で、自分が後悔しないためにもしっかりとした対応で退社するようにしましょう。

「退職されると会社にとって困る」「この会社にいてほしい」「他の会社に行かないでほしい」と思われる様になるようになりたいですね。

円満退社に関して詳しくは、退職スケジュールを考えるを参照してください。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月23日
更新日: 2015年3月3日