フラッシュバック症候群

フラッシュバック症候群とは、転職してみたものの新しい職場に不安を感じて、「前の職場に戻りたい!」や「この決断は間違っていたのでは?」と言ったマイナス思考な表現のことを言います。

フラッシュバック症候群は夢や目標を大きく持っている人ほど、現れやすいと言われています。

転職すると、新しいことを色々覚えなければならないし、人間関係も一から築いていかなければなりません。その一方で転職の場合は、即戦力が求められますので、積極低に活動し、成果を挙げなければなりません。そうした窮屈な状態で生活し、ストレスが溜まっていき、フラッシュバック症候群に陥ります。

 

フラッシュバック症候群は、早くて1週間程度で初期の症状が現れてきます。誰しもがかかる可能性がある症状なので焦る必要はありません。そうです、誰しもなると思えば少しは気が楽になります。

前の会社に戻りたい」とか思っても決して過去には戻れません。そんなことを考えるよりも、未来を考えて「この職場で自分がどうキャリアアップできるのか」といった前向きなことを考えれば、フラッシュバック症候群なんて吹き飛んでしまうでしょう。

 

また、休日の日には会社のことは忘れてリフレッシュすることも大事です。

自分の好きな趣味を楽しんでストレスを発散させましょう。

 

しばらくすると会社にも馴染んできます。

 

それでもずっと会社に馴染めず、前の会社に戻りたいと思われるのでしたら、前の会社に連絡をして「もう一度採用してください」と頭を下げるしかありません。

(ほぼ無理でしょうが・・・)

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月21日
更新日: 2014年12月6日