ハラスメントについて

ハラスメント(Harassment)とは、簡単に言うと『嫌がらせ・いじめ』のことで、主に性的嫌がらせの「セクシャルハラスメント(セクハラ)」、暴力による嫌がらせの「パワーハラスメント(パワハラ)」が世間的に認知されています。特にセクハラに関しては、社会問題にもなっており、1989年には流行語大賞も受賞しています。

セクハラやパワハラは、現代社会において大きな問題であり、セクハラ(パワハラ)が原因で会社の風評が下がり、業績が悪化し、最悪倒産に追い込まれることもありますので、セクハラ(パワハラ)に関する研修を、コンプライアンス研修内で行われている企業も数多く存在します。

セクハラやパワハラは、それぞれ厚生労働省で定義されていますが、実際にどこからがセクハラになるのかの判断が非常に難しいです。それ故に、知らず知らずの内に、自分が加害者になってしまうこともあり得りえます。

では、このページからは、セクハラとパワハラを中心に、ハラスメントについての考え方、対処法などを掲載していきたいと思います。

セクシャルハラスメントについて

harasumento1セクシャルハラスメント(セクハラ)とは、簡単に言うと「相手が不快に感じてしまう性的な言動」のことで、厚生労働省の「男女雇用機会均等法」において法的に定義が定められています。セクハラの大きな特徴として、男性が加害者で、女性が被害者のパターンが圧倒的に多いのが、他のハラスメントと違う所です。

先ほども申した通り、セクハラには法的な定義が存在しますが、実際にはその判断基準が非常に難しく、自分ではセクハラをしているつもりが無くても、相手が嫌がればセクハラと認定されてしまう場合もあります。

セクシャルハラスメントについての記事一覧を見る

パワーハラスメントについて

harasumento2パワーハラスメント(パワハラ)とは、職場において、その権力を振りかざし、相手の人格や尊厳を侵害する言動を繰り返し、その相手に対して精神的な苦痛を与えることを指します。

パワハラ自体は、これまで、セクハラと違って法的な規制がありませんでしたが、2012年に厚生労働省が発表した「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ」において、明確な定義を提案されました。

パワハラには、大きく分けて4つのタイプに分かれており、とにかく怒鳴って相手を威嚇する「攻撃型」、相手のすることを否定する「否定型」、業務を押し付ける「強要型」、仕事を与えないなどの「妨害型」に分けることができます。

パワーハラスメントに関する記事一覧を見る

主なハラスメントの種類

セクシュアル・ハラスメント

アカデミック・ハラスメント

パワー・ハラスメント

ジェンダー・ハラスメント

キャンパスハラスメント

ドクター・ハラスメント

モラル・ハラスメント

アルコール・ハラスメント

スモーク・ハラスメント

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

公開日: 2014年4月25日
更新日: 2014年12月6日