パワハラはいじめである

職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性(※)を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいう。
※ 上司から部下に行われるものだけでなく、先輩・後輩間や同僚間、さらには部下から上司に対して様々な優位性を背景に行われるものも含まれる。

パワハラは、2012年に厚生労働省が発表した「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ」において、明確な定義(上記)を提案されました。これを簡単に言うと「いじめ」です。ただ、パワハラと聞くと、上司が部下に行う嫌がらせとは思いますが、いじめと認識している人って意外に少ないと思います。そもそもいじめとは、小学生や中学生などの子供だけがしている行為で、まともな人であれば、大人になっていじめをするということはあまり考えられませんよね。

学校でのいじめの場合、基本的に、いじめられる側の被害者と、いじめる側の加害者の立場は対等です。なので、いままで加害者だった子供が、いつの間にか被害者に、被害者だった子供が加害者にそれぞれ立場が逆転してしまうことがあります。実際に私が通っていた小学校でもそういった現象がありました。

しかし、職場でのいじめ(パワハラ)の場合、対象となる被害者と加害者は、上司と部下で立場が違います。ですので、学校でのいじめと違い、職場でのいじめは立場が逆転することがありません。

話が反れましたが、職場でも当たり前の様に「いじめ」が横行されています。自分の職場ではいじめは無いから関係ないと思うのではなく、いつ自分のもとにいじめが訪れるかもしれないということを、頭の片隅に入れて、対処できるようにシミュレーションしておきましょう。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2014年5月1日
更新日: 2014年12月6日