セクハラの加害者にならないためには

sekuhara11セクハラは、「男女雇用機会均等法」で定義されていますが、具体的に何をすればセクハラに該当するのかという明確な基準はありません。

ですので、自分には関係ないと思っていても、良かれと思ってした行為が、知らず知らずの内に加害者になってしまう可能性があります。そして最悪の場合、その行為が原因で、会社を解雇になったり、訴えられたりする可能性もあります。

では、ここでは、加害者にならないためのポイントについて考えていきましょう。

プライベートな誘いを断られたら引き下がる

自分の異性の部下に対して、お食事のお誘いなど、プライベートで会おうとする場合、相手に断られる場合があります。その理由を聞けば、何かしらの用事があるからなど、適当な理由を言われるでしょう。それだと、空気の読めない上司であれば、「じゃー都合が合えば大丈夫なのか!」と勘違いしてしまい、しつこく誘う上司も存在します。

部下側からしてみれば、上司に誘われているので、嫌な顔をして断ることはしません。もちろん、上司と食事に行くのが嫌だから・・・と断る部下もほぼいないでしょう。ですので、一度断られたら、いかなる理由であっても、今後しばらくはその部下を誘うことは控えましょう。

あまりしつこく誘うと、セクハラ行為と認定されてしまう可能性があります。

異性の部下と自分から性的な会話はしない

こういった会話はジョークで言ったとしても、出来るだけ避けなければいけません。何度も言いますが、自分では良かれと思っても相手にとっては不快でしかない場合があります。

業務に支障のない範囲内で異性に近づかない

もう究極と言っても良いでしょう。できるだけ避けたい行為ですが、自分が会話をしているときに、部下が常に不快な思いをしていると感じるのであれば、一旦距離を置いてみることも大事かもしれません。もちろん、業務に支障が無い限りで・・・

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2014年4月27日
更新日: 2014年12月6日