対価型セクハラと環境型セクハラについて

セクハラには大きく分けて「対価型セクハラ」と「環境型セクハラ」に分けることができます。一般的には、環境型よりも対価型の方が卑劣な行為が多いのが特徴です。

対価型セクハラとは?

対価型セクハラとは、職場や学校において、自分権力や地位を利用して、部下など自分より地位の低い人に対して、性的な言動や行為を行うセクハラのことを言います。

主な対価型セクハラの例

  • 職務上の立場を利用して体を無理やり触るなどの性的嫌がらせを行う
  • 就職活動中の学生に対して、応募先の企業が内定などの条件と引き換えに性的嫌がらせを行う
  • 大学などの学校において、単位を認めるなどの条件と引き換えに性的嫌がらせを行う行為
  • 職場において、昇進などと引き換えに性的嫌がらせを行う
  • 取引先と取り引き成立と引き換えに性的嫌がらせを行う

環境型セクハラとは?

環境型セクハラとは、対価型の様に、直接被害者の体に触れて性的欲求を満たすというより、言葉でのセクハラや、間接的にセクハラ行為をする場合に使われることが多いです。対価型に比べて、判断が難しい事例が多く、知らず知らずの内に自分が加害者になってしまう可能性もあります。

主な環境型セクハラの例

  • 恋人や夫婦との性生活について質問する
  • 性的価値観を質問する
  • 容姿について発言する
  • 男性(女性)の裸のポスターを職場内に掲載する
  • 女性に対して結婚や出産に対して質問する
  • 男性に対して、裸になれ!など、性的な要求をする
  • 男性に対して結婚に対しての質問をする
  • 露出度の高い服装を強要する

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2014年4月27日
更新日: 2014年12月6日