会社に行くのが嫌になったら

会社に勤めていると時には会社に行くのが嫌になる時は誰しもあると思います。

『三日三月三年』、こんな言葉を聞いたことはありますか?

入社し始めの3日目、夢や希望を持って入社したけど、周りの同僚と上手くやっていけるのか、研修についていけるだろうか。

そんな不安から辞めたくなる人が多いです。

入社から3ヶ月目で研修も終わり、本格的に職務をこなして行く上で自分は本当にこの仕事向いているのだろうか? 利益に貢献できるのだろうか? 同僚となんか話が合わない、自分にはもっと適した仕事があるのではないか?

そんなことを思う時期になり辞める人が増えます。

入社から3年目で、ある程度仕事も覚えてきて、会社に馴染み、ひと段落して自分の勤めている会社を客観的に見ることが出来る様になります。

そして、ふとこの会社は大丈夫か?給料が上がらない! 出世出来そうにない、具体的に他にやりたいことが見つかる、など、考え転職活動を始めます。

会社に行けば、誰しも何かしら会社が嫌になる時期は訪れます。

 嫌になった原因を考える

まずは会社が嫌になった原因を考えましょう。

『仕事内容が合わない』や『人間関係が合わない』など、それぞれ原因があると思います。自分に原因が理由や会社に問題がある場合、自分が辞める理由がどちらに当てはまるか考えていきましょう。

続きを読む

時には息抜きも大事!

色々な項目で何度も言ってますが、頑張り過ぎはストレスを貯めやすくなるのでよくありません。

『死ぬほど頑張らなければ仕事に付いていけない』といった事情がある方もいるかもしれません。しかし、体が一番です。

続きを読む

ピンチはチャンス

もし、会社に行くのが嫌になった理由に何かミスをしてしまった、もしくは凄いプレッシャーのかかった仕事が舞い込んできたなど、ピンチを迎えてしまって会社を辞めようと思っている方。

もう一度考えてください。

続きを読む

それでも無理なら転職しましょう!

よく年配者を中心に『転職ばかりしてるヤツは我慢が足りない』と思われる場合があります。

しかし、転職するのに正当な理由がある場合はその考えは間違いです。逆に会社の文句ばっかり言ってるのに、その会社に居続ける人は、ただ転職する努力をしたくない人がほとんどだと思います。転職して人生が良くなることもあれば逆に悪くなることもあるでしょう。

続きを読む

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年10月19日
更新日: 2015年3月3日