会社を嫌になった原因を考える

まずは会社が嫌になった原因を考えましょう。

『仕事内容が合わない』や『人間関係が合わない』など、それぞれ原因があると思います。

自分に原因が理由や会社に問題がある場合、自分が辞める理由がどちらに当てはまるか考えていきましょう。

仕事を辞めたくなる理由の主な理由

  • 職場の人間関係
  • 業務内容が合わない
  • 会社の将来性に不安
  • 労働時間など環境に不満
  • キャリアアップできない
  • 給料が低い

1.職場の人間関係

職場の人間関係は会社を辞めたい理由No.1でしょう。

やはり人間対人間、考え方が違ったりするのも当然です。同僚や上司と合わない場合の対処方を解説していきます。

上司編

【業務に関して意見が合わない場合】

上司に対して業務に関して意見を言えることは素晴らしいと思います。

しかし、あまり出すぎると、上司に煙たがられたり、最悪いじめの対象に発展するかもしれません。

(半沢直樹のように・・・)

上司に対して意見を言う場合は、物腰柔らかく、決して上から目線で意見を言わないようにしましょう。それでも受け入れられない場合は、その上司の上司に相談するか、それでも駄目な場合は諦めましょう。上司には上司なりの考えがあります。その考えを理解することも、会社員としては大事なことになります。

それでも諦められない場合は会社を退職しましょう。

【上司の対応がキツイ場合】

何故、上司は自分にこんなにキツく当るのか考えて見ましょう。

自分以外の従業員にはどう接しているのか?昔から上司は自分にキツく当っていたのか?

自分に原因は無いのか?ただ悲観的に考え『悲劇のヒロイン』を演じるのでは無く、その原因をしっかり考えることが大事です。

上司が自分以外の従業員にも同じようにキツく当る場合は、その原因を聞いてみるのも良いでしょう。

しかし、一人で行くのでは無く、同じような思いをしている人皆で行くようにしましょう。一人で行くと返り討ちに合い更にキツく当られる可能性があります。

それでも変わらない場合は上司の上司に相談しましょう。それでも無理なら、もう諦めるしかありません。我慢しましょう・・・

【同僚編】

同僚と性格的に合わない場合は、まず何で自分と合わないんだろうか考えて見ましょう。

自分が合わないと思っているなら相手も自分と合わないと思ってる場合があります。そうです、自分に原因がある場合があります。

お互いに歩みよることも時には必要です。それでも無理な場合はその人と接しなければ良いだけです。

2.3年も働いて、会社の従業員全員と合わない(会社の雰囲気が無理)人はハッキリ言ってその会社と合わないので退職した方がいいです。そこまで我慢して行く必要は無いと思います。

職場での人間関係の築き方で人間関係を良好に築く方法を解説しているので参考にして下さい。

2.業務内容が合わない

入社する前に自分が思い描いていた内容と異なる業務をする場合もあります。

しかし、その合わないと思っていた業務にやりがいを感じることが今後訪れるかもしれません。また、「業務が合わないと」良いように言って、実はしんどいからただやりたくない!と内心思ってる人もいるでしょう。

その業務が本当に自分に合わないのかなんて入社して数ヶ月で分からないと思います。『とりあえず3年は我慢』とよく言われますが、合わないと思っても、せめて1年は頑張ってみてはいかがでしょうか。

それでも合わなければ自分に合う仕事を探して転職しましょう。合わないといって何もせず文句ばっかり言ってる人は最悪です・・・

3.会社の将来性に不安

たまに入社して1.2ヶ月で『会社の将来性が不安!!』なんていう人がいますが、果たして本当に入社してすぐに会社の将来性なんて分かるんでしょうか?

ほとんどの人は分からないと思います。入社して2.3年は会社の将来性なんて考えずにただがむしゃらに自分の業務をこなして行きましょう。

会社にたいしてどうこう思うのはその次です。

4.労働時間など環境に不満

これは難しい問題ですね。

入社する時に残業がほとんど無いと言われていざ入社したら残業漬けなんてこともザラにあります。これは会社が意図的に嘘をついている場合もあれば、入社後に業務が忙しくなって残業が増える場合もあります。

それをすぐに残業が嫌! 毎日定時じゃなきゃ嫌! と言うのは少し違うような気がします。健康面に問題が出た場合は別ですが、多少の我慢も必要です。

それでも無理なら転職しましょう。ただ、また同じことの繰り返しになる可能性もあります。

5.キャリアアップできない

何年も働いていればある程度の業務内容が分かります。

先輩や上司の業務内容も理解できてきて、いずれ自分がするであろう業務内容も見えてきます。そんな中、このままじゃ自分はキャリアアップ出来ないと感じるかもしれません。そんな時は迷わず転職することをオススメします。

前向きな転職は高く評価できます。

6.給料が低い

給料は仕事をする上で一番大きなウエイトを占める項目でしょう。

その給料が低いとなると、生活にも支障が出るし、転職を考えるのも無理もありません。ただ、転職したからと言って給料が上がる訳ではありません。

むしろ下がる場合がおおく、生涯年収も一つの勤務先で働いている方が高くなります。給料が低くて転職を考える場合はその点を踏まえて慎重に考えましょう。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年10月19日
更新日: 2015年3月3日