頑張りすぎず時には息抜きも大切

色々な項目で何度も言ってますが、頑張り過ぎはストレスを貯めやすくなるのでよくありません。

『死ぬほど頑張らなければ仕事に付いていけない』といった事情がある方もいるかもしれません。

しかし、体が一番です。

会社に行くことで体調を崩す場合、その会社は自分には合わないかもしれません。

この日本には約410万もの会社が存在します。あなたが働いている会社はその中の一つにしか過ぎません。

あなたにあう会社は必ずあります。一つの会社で頑張りず、他の会社に目を向けることも大事になってきます。

ただ、自分がその仕事に対して頑張りすぎる理由に『頑張ればいずれ自分に対してメリットになる』と思えるのなら頑張りすぎる価値もあるでしょう。

ということで、時には息抜きも必要です。

それでは息抜きの仕方を考えていきましょう。ちなみに『息抜き』と『サボり』は違いますよ・・・

深く深呼吸をする

仕事に疲れたと感じたら、一度深く深呼吸をしましょう。

深く深呼吸をすることでリラックス効果が生まれ、全身の余分な力が抜けますので、ゆったりと落ち着いた状態になります。こうした活動状態からリラックスした状態へのスイッチの切り替えを、深呼吸は可能にしてくれるのです。

周りの人と会話する

会話をする事でリラックス効果が生まれます。

間違っても業務の話はしてはいけません。テレビや趣味の話など、笑ってできる話をしましょう。

タバコを吸う

タバコを吸う人はタバコを吸う事でリラックス出来ます。

また、喫煙ルームなどがある場合、周りとコミュニケーションをとる事により、よりリラックス効果が期待できます。

トイレに行く

トイレに行きたくなくても、とりあえずトイレに行きましょう。出来れば個室のあるトイレで自分一人の世界を作ります。

そうすることにより一度業務の事を忘れてリラックスしましょう。好きな人のことを考えるも良し、週末どこに行こうか考えるも良し。

トイレなら5分ぐらいいなくてもサボっている様には思われません。

この他にも、自分でリラックス出来る方法を確立しておきましょう。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年10月19日
更新日: 2015年3月3日