マイナス思考はそれほど悪いことではない!

よく言われるのが、『後ろ向きに考えずに前を向いて考えよう!』みたいな言葉をよく耳に聞きます。

確かに、いつも前を見てプラス思考で物事を考えることは大事なことです。

当サイトでも、その様は表現を多々しています。

では、プラス思考がいいことだとしたら、マイナス思考は反対なので駄目な考えということになります。しかし、本当にマイナス思考は駄目な考えなんでしょうか?

マイナス思考ということは、常に最悪のことを考えるということですよね。

例えば、自営業で何かを売ろうと考えた場合、最悪なことと言えば商品が全く売れないことですよね。マイナス思考な人は『商品が売れなかった場合どうしよう』と必ず考えます。

そこで、無理だから辞めようとすぐ諦めてしまうのは論外ですが、『その商品を売る為にはどうしよう』『どう考えてもこの商品が売れる確率が少ないから撤退しよう』と言う様に最悪のリスクを事前に回避することができます。

大企業と呼ばれる経営者の大半の人がマイナス思考の持ち主です。常にリスクを考え成功する確率を上げてることで企業利益を上げていきます。

結論を言うと、マイナスで物事を考えるのは決して悪いことでは無く、むしろマイナスなことを考えて成功する確率を上げていくことが大事である。

一番いけないのが、マイナス思考で解決策を考えない人でしょう。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年10月28日
更新日: 2015年3月3日