ピンチはチャンス

もし、会社に行くのが嫌になった理由に何かミスをしてしまった、もしくは凄いプレッシャーのかかった仕事が舞い込んできたなど、ピンチを迎えてしまって会社を辞めようと思っている方。

もう一度考えてください。

上司が部下を評価する場合、ピンチ(困難)を乗り越えた時に評価されます。そうです、あなたは今まさにそのスタートラインに立ったのです!

そのピンチを乗り越えた時に自分のスキルがレベルアップするでしょう。乗り越えられない場合でも、次に同じ直面にあった時に乗り越えられる可能性が高くなります。そういう考えを持っている人は強いです。本当に強いです。

こういった考え方は、ある程度育ってきた環境で決まってくるように思います。

逆にピンチになってすぐ逃げ出すと、同じようなピンチに陥った時にまた逃げ出すクセが付いてしまいます。一度そういうクセが付いてしまうとなかなか抜け出せません。そして一番厄介な人は逃げ出していることに気づかない、内心は気づいているけどすぐ他人のせいにする人はいつまで経っても成長できません。

上司というのはこういう人を一番嫌います。

(まー、上司も同じような考え方なら気に入られるかもしれませんが・・・)

ミスというのは誰でも必ずします。そのミスをした時にどう対処するのかっていうことを上司は見ています。

ミスを克服すると、いままでのミスが全て帳消しになる場合もあります。

例を挙げるなら、サッカーの試合でオウンゴールをしたが、その後ハットトリックを決めた場合など(無理やり)

難しい仕事をする場合、かなりのプレッシャーになります。そしてミスをするかもしれません。

しかし、ピンチはチャンスです!!

キレイごとかもしれませんが、そう思うことが社会人で働いていく上で非常に大事になってきます。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年10月27日
更新日: 2015年3月3日