趣味を共有する

職場の人と趣味を共有する事は非常に大事です。

例えば、同僚が車に凄く興味がある場合、自分も興味を持ってみる。たとえ、自分が興味が無くても興味があるていで接すれば相手は喜び仲良くなろうとします。

これは同僚や同世代の人にも効果がありますが、一番の効果は上司や目上の人に対して最も有効になります。

同僚(若者)が好む趣味

1.車いじり

特に機械設計の職場なんかの人はかなりの確率で車オタクです。

2.ゲーム

モンハンなどのオンラインで遊べば仲良くなれます。

3.本(漫画)やアニメ

漫画やアニメのあらすじを話合う事により仲良くなれます

4.音楽(ライブ)

共通のアーティストを好きになる事で仲良くなれます。

5.サッカーなどのスポーツ

一緒に汗を流す事により仲良くなれます。

特にスポーツは職場の人のイメージUPを計れるし、大人数でする事が多いので、周りの人と一気に仲良くなれるチャンスになります!

6.ショッピング

特に女の子の趣味に多いです。

女性の方は特に、流行を追うようにして、時代の波に取り残されないようにしましょう。

上司(年配者)がこの好む趣味

1.お酒

上司と仲良くなる一番のキッカケになるでしょう。

くれぐれも上司にお酒を誘われた時は、飲めなくでも断ってはいけません。

お酒を飲めない場合はコチラを参照しましょう

お酒が飲めない場合の対処法

2.パチンコや競馬などのギャンブル

パチンコなどに一緒に行く事は上司と仲良くなれる大チャンスです!

パチンコを打てなくても問題ありません。 上司が丁寧に教えてくれます。パチンコで勝てば収支は増えるし、負けても上手くいけば上司にお金を恵んでもらえる可能性があります。

ただ、はまり過ぎて依存症にならないように気をつけましょう。

3.将棋や囲碁

若い世代の方にはほとんど馴染みが無いでしょう。

なので周りの若い世代はやりません。ということはチャンスです!! 周りがやらない事を率先することによって、上司に気に入られる可能性が大幅にアップします。

また、将棋や囲碁などは自宅でする場合が多いので、上司の自宅に招き入れてもらえる可能性もあります。

これを機会に上司の家族と仲良くなれれば『パーフェクト』

4.麻雀

麻雀好きな上司って意外と多いです。

これも3.同様自宅でする場合が多いので、上司と親密になれるチャンスです。またマージャンは複数でする事が多いので上司の友達(偉い人)と一気に仲良くなれるチャンスです。

5.ゴルフ

ゴルフは若いうちに絶対しておいた方がいいです。

ゴルフは年配者ではかなりの確率でしているスポーツになります。ゴルフを一緒にすることにより、ビジネスマナーも身に付くし、大勢でプレーするので周りと一気に仲良くなれる大チャンスです。

定期的にゴルフコンペをしている会社もありますので積極的に参加しましょう。

ただ注意点として、上司よりスコアが良くならないように注意しましょう(笑)

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年10月19日
更新日: 2015年3月3日