飲み会の幹事に任命されたら

会社に勤めていると、必ずと言っていいほど訪れる魔の飲み会。

しかも、入社期間の浅い若手はかなりの確率で幹事に任命されてしまいます。飲み会と言えどみんなをまとめなければならないので責任重大です。

幹事を上手くこなすことにより、職場での評価の対象になる事をありますので、失敗は許されません。

しかし、ピンチはチャンスです!

コチラでは幹事を上手にこなすポイントをまとめていきます!

飲み会の場所(店)・日時の選び方

まず最初にしなければいけないのが、飲み会の開催する場所・日時決めになります。

なるべく駅前で、会社から近くて、参加者全員にできるだけ負担をさせないような配慮が必要になります。既婚者の方を考慮してなるべく安く、年配者が満足する料理の品質、みんなが騒げる雰囲気。日時も、週末の金曜日、サービス業の方は、次の日に負担がかからない日時など色々考えなければなりません。

続きを読む

飲み会の当日までにすること

大抵のお店では、飲み会の日の3日前ぐらいまでは人数の変更が出来ます。(詳細は店で確認してね)

飲み会の日程が近づく程、何故かキャンセル者が増えていきますので注意が必要です(笑)。そして、飲み会の3日程前に 最終人数を決定します。

続きを読む

飲み会の当日にする事

さぁいよいよ飲み会当日です。

乾杯の挨拶を誰にするか、会費の徴収、飲み会の段取りなどしっかり決めましたか?飲み会を成功させるコツは自分も楽しむことです!

続きを読む

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年10月19日
更新日: 2015年3月3日