育児と仕事の両立によるストレス

sutoresu07一昔前であれば、女性は結婚をして子供を産むと、子育てをするために仕事を辞めて専業主婦になるのが一般的でした。しかし、1990年代にバブルが弾け、経済低迷の中で夫の収入だけは生活することが困難な家庭が増えてきています。

そうなると、子供を産んでも仕事を辞めて専業主婦としてハッピーな生活をすることは難しく、子育て中も仕事をする人が増えています。

アベノミクスの成長戦略の中で、女性が結婚や出産後をした後の職場復帰をサポートする為の「女性が輝く社会」をテーマに掲げています。

しかし、現実には子育て中の女性が働きやすい環境作りが出来ているとは到底思わず、マーキングマザーが取り巻く環境はいまだに厳しいです。そう考えると、育児と仕事の両立はそう簡単に出来ることではありません。

また、妊娠や出産を理由にして、退職や降格を促したり、嫌がらせを行う「マタハラ」に発展する可能性もあります。ちなみに、働く女性の4人に1人はマタハラを経験していると言われています。

完璧を求めない

仕事だけに専念している男性でも苦労しているのに、育児と仕事を両立させなければいけない女性の負担を考えると、全てを完璧にこなすことは不可能に近いです。完璧を求めてストレスを感じてうつ病になるよりは、まずは必要なことは何かを考えて優先順位を付けて一つずつこなしていくことが大事です。

適度に手を抜き、時間の余裕を作って子供との時間を大切に過ごしてあげることが大事です。

相談できる相手はいますか?

全てを一人で抱え込むことあ精神的に凄く大変でだし限界があります。

親などの近親者や、職場の同僚や先輩など、身近に相談できる人はいませんか?

そんな人いない!!」と思われたあなた、自分から避けていませんか?

一人で頑張るよりも、周囲のサポートを受けながら生活した方が子供の為にもなると思います。決して自分一人の問題では無いということを覚えておいてください。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2014年10月26日
更新日: 2016年11月10日