真面目な人はストレスを感じやすい

sutoresu01ストレスを感じやすく、うつ病などの心の病になりやすい人の特徴としてもっとも挙げられるのが、「真面目な人」です

真面目な人は、いつもコツコツ努力をして、何事にも全力で取り組もうとします。会社という組織の中では重宝される存在ですが、その反面、保守的にもなるので、ふとしたイレギュラーな出来事により、ストレスを感じてうつ病や燃え尽き症候群により、仕事をやる気を無くしてしまう人が少なくありません。

ある程度、手を抜くことを知っている人であれば、ストレスをため込むこともありませんが、真面目な人は、手を抜くことに罪悪感を感じ、周りの目を気にするので、常に精一杯全力投球をしないと、自分に対して悪い印象を持っているのではないかと思って、余計頑張ってしまいます。

真面目な人のうつ病は、仕事ができないという自責の念に捉われやすいです。心の病は、物理的な病気やケガに比べて、病を自覚することに時間がかかります。

このままでは、上司や同僚に迷惑をかけてしまう」と思い込み、先が見えない状況が続くと最悪の場合、自殺という選択肢も見えてきます。

と言っても、真面目な性格の人が、必ず他の人よりストレスを感じやすいという訳ではありませんし、真面目な性格が決してダメな訳ではありません。(むしろ良い)

しかし、真面目過ぎて度を越してしまうと、ポキッと心が折れてしまう可能性が高い性格とも言えますので、あまり周りを気にせずにマイペースに物事を考えれる様になれば、思いつめることも少なくなるし、何より楽しく仕事ををすることができます。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2014年10月26日
更新日: 2014年12月6日