入社した際に会社に提出する書類

転職・就職したら会社に提出をしなければいけない書類があります。

提出しなければいけない書類は会社ごとに違いますので、基本的に会社から指示があります。

ここでは一般的に入社した際に必要な書類をまとめます。

ほとんどの会社で提出しなければいけない書類

【雇用契約書】

雇用契約書は、採用の際に、労働条件を明確に書面にて提示し、法的に全ての雇用者を対象に提出しなければいけません。

ここで、勤務時間や休日や基本給など、明確にして、それに同意することにより始めて雇用契約が凍結されます。もし、雇用契約書の提出を求められない場合は、必ず催促しましょう。

【年金手帳】

年金手帳は基本的に会社が保管するので提出を求められた場合は、提出しましょう。

もし紛失した場合は、社会保険事務所で再発行が可能です。

【誓約書】

誓約書は雇用契約書とは別に用意されている場合が多いです。

不祥事を起こした場合や、会社に損害を与えた場合に。損害賠償を負うなどの記載がされている場合が多いので、内容を確認し、署名捺印します。

【雇用保険被保険者証】

雇用保険被保険者証は前職を退職時に会社から発行してもらう書類になります。

基本的に前の会社を辞めてからすぐ自宅に発送されますが、もし届いていない場合は催促しましょう。円満退社じゃないなど、会社と連絡するのが困難な場合は、自分の管轄のハローワークにて再発行が可能です。

【源泉徴収票】

源泉徴収票は前職を退職時に会社から発行してもらえる書類になります。

年内に入社してその会社で年を越す場合は会社に提出しなければなりません。年をまたいで入社する場合は、自分で確定申告をしなければいけないので会社に提出する必要はありません。

【給与振込先の届書】

給料を振り込んでもらう為に提出する書類になります。

会社によっては銀行が指定されていたりしますので、事前に確認しておきましょう。

【通勤手段の申請】

通勤にかかる費用を記した書類を提出します。

嘘の報告をすると訴えられる場合がありますので注意しましょう。

【扶養控除等申告書】

税金や社会保険の手続きの為に必要な申告書になります。

フォーマットは会社から用意されるので記入捺印して提出しましょう。

(扶養義務のある人がいなくても提出しなければいけません)

【健康保険被扶養者異動届】

社会保険の手続きをする際に必要な届出です。

しかし、コチラは扶養義務のある家族を持つ人だけ が対象になります

会社によっては提出を求められる書類

【身元保証書】

お金をよく扱う会社だと身元保証人がいるパターンがあります。

自分が会社のお金や備品を横領した場合に、返済能力が無くなったときに、本人に代わって身元保証人が会社に損害賠償をします。身元保証人はほとんどの人が 「親」になってもらいます。

【健康診断書】

およそ三ヶ月以内に受けた健康診断の診断書が必要な場合があります。

会社が費用を負担してくれる場合もあります。ここで大きな病気等が見つかった場合、最悪採用取り消しになる場合もあります。

【卒業証書のコピー】

本当に学歴が正しいか確認する企業もあります。

卒業証書を紛失した場合は卒業高で再発行が可能です。

【住民票記載事項証明書】

本当に履歴書の記載の住所に住んでいるのか確認する会社もあります。

住民票は市役所で請求できます。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年10月19日
更新日: 2015年3月3日