職場での楽しみ方

新しい職場で働き始めは、仕事を色々覚えなければならないし、人間関係を築いたり生活リズムを整えたり、考えなければならないことがたくさんあります。

しかし、ただ辛い思いをして仕事をしていても面白くありません。この項目では、会社での楽しみ方を少しでもお伝えできればと思います。

ただ黙々と会社で仕事して家に帰っての往復だと楽しくないですよね。

「プライベートな時間で楽しめればいいじゃないか!!」と思われるかもしれませんが、生活をする上で仕事をしている時間ってかなりのウエイトを占めていますよね。

例えば一週間で5日勤務で10時間働くとします。

365日×(5日÷7日)×10時間=約2607時間

一週間で約2607時間働きます。

一年は8760時間

毎日平均7時間寝たとして一年間の総睡眠時間は2555時間

一年間の起きている時間は

8760時間-2555時間

=6205時間になります

そこから起きている時間で仕事をしている割合は

2607時間÷6205時間

=約42%

一年間で起きている時間の約4割は仕事をしている事になります。

これって凄いですよね。

通勤時間とか休日出勤とか合わせたら、その割合はもっと大きくなります。それでもプライベートが楽しければそれで良いじゃない!!って思いますか??

そう思うと、どうせ仕事をするなら楽しく仕事したいですよね。それでは仕事の楽しみ方を小さい事から大きい事までいくつかご紹介します。

1.社内恋愛をしてみる

ある調査によると、2012年の結婚した人の約2割が社内結婚だそうです。

これはネットなどでの出会いの影響から年々減少していますが、それでも2割は社内恋愛して結婚しています。職場内で婚活をして素敵なパートナーを見つけるのも職場での楽しみの一つと言えるでしょう。

2.気の合う仲間を見つける

やはり、気のあう仲間を探したいですよね。

学生の時の友達も年齢を追うごとに疎遠になっていきます。その影響からか一緒に遊ぶ友達がどんどん少なくなっていきます。

それって寂しいですよね。なので、職場で気のあう仲間を探して、仕事上の付き合いだけではない付き合いをすれば、会社に行く楽しみも増えていくんじゃないでしょうか。

3.上を目指す

これが一番正論ですね・・・

万年平社員、窓際族って面白くないですよね。どうせ、入社したからには上を目指して、上司を追い抜き、給料を上げて自分のやりたい事を実現するぞ!!という強い意気込みも必要です。

自分のやってる仕事にやりがいを持ち、ホコリを持って仕事が出来れば、おのずと仕事が楽しいって思えるでしょう。仕事をする上で一番大事なことかもしれません。

・・・番外編・・・

ネットサーフィンで楽しむ(多数)

書類をシュレッダーにかける快感(20代女性)

食堂のお昼ご飯(30代男性)

イケメンを眺める(40代女性)

女子社員の脚を見る(20代男性)

おばちゃんの井戸端会議を盗み聞く(10代女性)

昼休みのサッカー(40代男性)

など、みなさん何かと楽しめる事を模索しているんですね。

ただ仕事を頑張るだけでは息苦しくなり、ストレスにもなり、最悪の場合『うつ病』になり仕事が出来ない状態になる人もいます。適度にリフレッシュ、簡単そうで難しいですが実践していきましょう!!

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年10月19日
更新日: 2015年3月3日